スポンサーリンク

爬虫類を初めて迎えるのにも最適なコーンスネークの素晴らしさをご紹介

 

我が家の紅音さんは先月の2016年3月13日で6歳になりました(*'ω'*)

下の写真は家に来たばかりの紅音さん( ´∀` )

j17-e1441865101931

 

 

まだ私が爬虫類初心者だったころ、mixiで知り合った男性の方とオフ会と称して、ぶりくらと言う日本最大規模の爬虫類フェスタにて出会いました。笑

可愛さに一目惚れし、店員さんに触らせてもらい、よしいける!と確信して家に連れ帰ったのはいいものの・・・

このサイズでも噛まれるのは怖いとビビりまくってた私はゲージに移せず数時間は格闘しましたね。笑

 

爬虫類の中でも特にコーンスネークはかなり緊張感に敏感で、こちらがビクビクしていると向こうもビクビクして怖がります!

いやこれ本当にマジで、深呼吸してからガッと掴むと全然逃げたりしないんです!笑

 

わたしの勧めでコーンスネークを飼った友人たくさんいるんですが、もうみんなメロメロに取り憑かれてます。笑

ここで読んでくれている皆さんにもコーンスネークをちょっと強引に飼ってもいいかなと思わせてみようと思います。

 

魅力その1:犬猫と違い鳴かない

 

犬猫と違い鳴いたりしないので、ストレスなく、ペット禁止のマンションなどでもまずバレずに飼育出来ます。

 

その2:意外と長生き

 

10年~15年は生きます。

 

 

その3:餌代が安い

 

 

 

餌代が死ぬほど安いです。一年で5000円~10000円あれば事足ります。

 

 

その4:初期費用が他の爬虫類に比べてそこまでかからない

 

必要な物はゲージ パネルヒーター 床材 餌 シェルター 水入れくらいです。

トカゲと違いホットスポットも必要なく、紫外線も必要ないので電気代もさほどかかりません。

冬にパネルヒーターをつけるだけでOK。

ゲージは写真の物を買えば生涯飼育可能です。

 

蛇は狭いところが好きなので、目安としてはトグロを巻いた3倍前後の広さがあればおkです。

 

その5:場所を取らない

 

上記でも書きましたがかなり小さいゲージで買えます。

 

うちはIKEAのテレビ台がちょうどいいサイズだったのでそこに置いてます。笑

IMG_6955

 

インテリアとしてもオシャレ(*^_^*)

 

その6:ちゃんとすれば噛みません

 

虐めたり、餌の匂いがついた指で触ったりしなければ噛みません。実際この5年間噛まれそうになったこともありません。

 

どうですか?ちょっと飼っても良いかなと思いませんか?笑

 

デメリットとしてはやはり餌の部分ですかね。なんせネズミですから・・・

冷凍されたネズミをお湯で解凍してあげるんですが抵抗ある方も多いと思います。

最近はソーセージみたいな餌も売ってるので、ネズミがネックな方はそちらを選択しても構わないと思います。

 

僕が感じる爬虫類の魅力は、何をしてても可愛いって思える所ですね。

犬猫の食事シーンなんかは見慣れたもんですが、蛇やトカゲの捕食シーンは何回見ても飽きません。

蛇の水飲みシーンは結構貴重なんですが、冗談抜きでめっちゃ可愛いです。

トカゲも水入れから経口摂取する子は珍しいので、偶然見つけた時はかなり感動します。

 

興味ある方とかはコメントいただければ説明するのでお気軽に♪

 

現在の紅音さん。

 

j20

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を気に入っていただけたら、シェアしていただけると嬉しいです!

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう