初めてのコーンスネークの飼い方

コーンスネークを飼ってみたいけど爬虫類初心者でも簡単?

噛んだりしないかしら…

飼う前にはどんなものが必要?
こんなお悩みを解決します。
    1. 本記事の内容
  • コーンスネークの飼う時のバイブル
  • 飼育に必要なグッズやおすすめ商品
  • 筆者おすすめの床材

 

NOE
愛玩動物飼養管理士の資格も持ち、長年蛇の飼育経験がある筆者が解説します。

コーンスネークの プチペット情報

 

これから初めてコーンスネークを飼うであろうみなさんにプチ情報

 

寿命

野生だと6年~8年ですが、飼育下だと10年~15年ほどに延びます。

安い子だと5000円もあれば買えるのですっごいコスパのいいペットちゃんです♪

 

えさ代

えさ代はコーンスネークのサイズによって変わってくるのですが、月に500円~1,000円もあればお釣りが出るくらい♪

超省エネで犬猫みたいに家計を圧迫しないのでめちゃくちゃオススメです!w

 

お手入れの頻度

2週間に一度のお手入れくらいで大丈夫です(笑)
ほんとに手がかからないいい子なんです。

 

におい

ケージに入れてるので部屋に充満するようなことは一切ありません。

しかし水槽の中はやっぱり臭くなります…

NOE
言葉で表現できないあのニオイ…

 

 

それではそろそろ肝心の飼育方法をば

お迎えの前に必要なものをそろえよう!

 

お迎えの前に揃えておいた方がいいグッズをご紹介!

 

ケージ 水槽

こちらはエキゾテラ グラステラリウム 3030です!

名前の通りサイズは30cm×30cmの正方形型!
見た目がおしゃれなのでインテリアとしても映えます♪

サイズ感もちょうどよく、ベビーからアダルトサイズまでこれ一個でOK!

蛇は脱走の名人ですが、このケージから逃げ出したことは聞いたことがないです。

 

コチラはサンコー レプタイルボックスです!

サイズはW300×D200×H155mmとなっております!

なんといってもそのコスパの良さ!かなり安く、見た目もおしゃれです。

こちらはアダルトサイズまで飼うのはちょっとしんどいかな…って感じです。

 

参考価格 3,500円~9,000円

水入れ

コーンスネークも水を飲みますので水入れが必要です。

飲み水としての要素以外にも普段から水浴びをしたりするため、水がこぼれにくい形状の水入れがおすすめです。

筆者的には紹介したものが至高だとおもってます。

NOE
安い軽いコスパいい

参考価格 620円

 

温度計

ケージ内の温度を管理するために必要です。
パネルヒーターを引いていると思ったよりも熱くなってしまう事もありますので、必ずチェックしましょう。

参考価格 1,000円前後

ピンセット

餌をあげる時やウンチを取り除くときにつかいます。

手で餌をあげると噛まれる可能性もありますので用意しておきましょう。

参考価格 1,000円前後

スネークフック

蛇ちゃんを移動させる際などのファーストコンタクトにつかいます。

 

まだ蛇に慣れていない時って、触る時ちょっとビビりませんか?w

コーンスネークはその辺が敏感で、こちらがびくびくしながら触ると噛まれる危険性が高いです。

 

しかし、勢いのままグッと持ち上げてあげれば噛みません。

そういわれても最初は怖いですし、単純に気が立ってる時もあるのでその時に使います。

こっちの不安な気持ちがコーンスネークに伝わってしまうんですね~

 

参考価格 1400円

ペットシーツ

ケージの中にひくペットシーツです。

ケージのサイズが30cmの物が多いのでレギュラータイプのペットシーツが使いやすいです!

 

amazonのリンクから買えるものは300枚で2,114円!

月2回取り換えても14円になります。

単純計算するとコレを一個買えば12年は床材に悩みません。

筆者いちおしの床材です。

 

参考価格 1,500円前後

 

ごはん

これを忘れちゃ話になんねぇ!ごはんの冷凍マウスちゃんです。

購入場所にもよるんですが、一匹大体100円~150円です。
そして蛇ちゃんのサイズにもよりますが、小さい時はだいたい3日に1回のペースで餌をあげるので月1000円が餌代となります。

下記、成長別のご飯の目安です。

参考価格 1,250円前後

 

コーンスネークの餌の頻度目安

蛇のサイズ蛇の重量マウスのサイズ餌の頻度
ベビー~50cmピンクマウス SS~S3日に1回1匹
50~60cmピンクマウス M3日に1回1匹
60~70cmピンクマウス L3日に1回1匹
70~90cm100g~ファジーマウス5日に1回1匹
90~110cm200gぐらい~ホッパー5日に1回1匹
110cm~400gぐらい~アダルトマウス L1週間に1回1匹

 

保温パネル

冬にケージを下から保温する為のパネルヒーターです。

上でご紹介したケージにピッタリなサイズで、これさえあれば冬も冬眠させずに乗り越えられます。

ケージの底全体ではなく、下半分だけパネルヒーターを敷くのがおすすめです。

参考価格 2,000円前後

合計金額

初期投資に必要な金額は…12000円~17500円という結果になりました!
めちゃくちゃコスパ良いですね(笑)
多分6万くらいあれば、生体代込みでコーンスネークを生涯飼育できると思います(笑)

 

NOE
爬虫類入門にはほんとにピッタリです

 

コーンスネークを飼う時の環境づくり

続いては環境づくりをご紹介していきます。

温度


ケース内の温度が25~30℃辺りになるようにしましょう。

冬眠させたい場合は12℃前後に設定します。

パネルヒーターで温度が上がり過ぎてしまう事もありますので気を付けて管理しましょう。

 

水はしっかりいれておく

蛇ってあんまり水をがぶがぶ飲むイメージが無いですが、水は重要です。
飲み水としてだけではなく、体温調節や脱皮の前に皮をふやかすために浸かったりします。

たまに飲み水の中にウンチをしちゃうこともありますので、こまめに水は確認してあげましょう!

こちら水を飲んでいるコーンスネークの紅音さん

NOE
どうです?可愛すぎません?

ご飯の頻度

先ほどもご紹介しましたが目安を書いておきますね♪

 

蛇のサイズ蛇の重量マウスのサイズ餌の頻度
ベビー~50cmピンクマウス SS~S3日に1回1匹
50~60cmピンクマウス M3日に1回1匹
60~70cmピンクマウス L3日に1回1匹
70~90cm100g~ファジーマウス5日に1回1匹
90~110cm200gぐらい~ホッパー5日に1回1匹
110cm~400gぐらい~アダルトマウス L1週間に1回1匹

 

NOE
大きくなってくると、月に一回の給餌でよくなります

 

まとめ

ざっとコーンスネークの事についてわかって頂けたでしょうか?

色んな種類がいるので模様も多様で可愛いですし、意外と長生き、そして手のかからない万能タイプです(笑)

ちなみに、コーンスネークに紫外線は必要ありません!

まとめ
初期投資は12000円~17500円くらい
爬虫類初心者でも飼いやすくおすすめ
床材はペットシーツがおすすめ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を気に入っていただけたら、シェアしていただけると嬉しいです!

 

Twitterでフォローしよう