猫トイレランキング一位は獣医師も推奨するあのトイレ!

初めて猫を飼うんだけどトイレはどれがおすすめ?

ニオイがしにくい物とか機能的なのがいいけどいっぱいありすぎて悩む…

色々買うのもアレだし、コレ買っとけ!っておすすめが知りたい!
今日のこの記事はこんな方におすすめします。
猫が好きすぎて様々なタイプの猫トイレを使ってきた愛玩動物飼養管理士の筆者が、全てのタイプを項目別に評価してご紹介!
ランキングの一位は獣医師もおすすめするあのトイレだった!

おすすめの猫のトイレの種類について

猫のトイレは様々なメーカーから沢山の種類が出されていますが、系統別に分けるとオープンタイプハーフカバータイプドームタイプシステムトイレ…といった感じです。

それぞれ長所と短所がありますので、猫ちゃんの好みや家庭環境に合わせて選んでいきましょう♪

一般的なオープンタイプの猫トイレについて

デオトイレ 本体セット子猫から体重5kgの成猫用pidan 大型 オープンタイプ IONPURE抗菌技術イタリアIMAC社製猫ちゃん用コーナートイレ

よくある一般的なタイプのトイレです。

こちらも色々種類があるのですが、最近の物は猫砂の飛び散りを防ぐために少し壁が少し高く作られている物が多くなっています。

ケージの中にトイレを用意する時はオープンタイプの物を使う事になるでしょう('ω')ノ

特に上で紹介している中の、一番右のものは我が家でもケージに入れていておすすめです。
ケージの角にすっぽり収まるので見栄えもよきです!

メリット

  1. 他のトイレに比べて比較的に安い
  2. 猫砂が汚れてきた時に気づきやすい(万が一血便などをした場合に気づきやすいです)
  3. 猫砂の掃除や交換がしやすく、丸洗いしやすいしケージにも設置しやすい

デメリット

  1. 猫砂が一番飛び散りやすい
  2. オープンタイプなので、こまめに掃除しないとニオイ的にも見た目的にも×
  3. サイズの大きな子の場合、端っこに乗るとひっくり変えることも…

個人的オープンタイプのトイレの評価

見た目
飛び散り具合
ニオイ
価格
手入れ
備考ニオイや砂の飛び散りが気になりますが、丸洗いしやすい。

 

 

ハーフカバーがついたタイプの猫トイレについて

花王 ニャンとも清潔トイレセットアイリスオーヤマ ネコのトイレハーフカバーゆったり広々サイズ 飛び散り防止カバー付き

オープンタイプより少しだけ背が高くなりました。
それでもまだ完全に猫砂の飛び散りを防ぐことはできません…

パーツが増えた分、丸洗いする際も少し手間がふえます。

メリット

  1. 猫が比較的入りやすく、ゲージに設置しやすい
  2. 猫砂が汚れてきた時に気づきやすい(血便などをした場合に気づきやすいです)
  3. 猫砂の掃除や交換がしやすい
  4. ゲージに設置しやすい

デメリット

  1. 猫砂が飛び散りやすい
  2. ニオイが部屋に充満しやすいが、オープンタイプよりは少しマシかな…
  3. 分離するタイプが多いため、丸洗いするときにオープンタイプより少々面倒

個人的ハーフカバータイプのトイレの評価

見た目
飛び散り具合
ニオイ
価格
手入れ
備考オープンタイプよりは気持ち猫砂が飛びにくいが、分離式が多いため少し洗いにくくなっています。
積極的に選ぶ必要はないかな…

 

 

ドームタイプの猫トイレについて

アイリスオーヤマ 上から猫トイレアイキャット ネコ型トイレ スコップ付ドームタイプ シェル型 消臭抗菌 散らかりにくい ビッグサイズ

ドームタイプは名前の通りドーム状にカバーがついたタイプです!
見た目の通り猫砂が一番飛び散りにくいのでお掃除もラクチン♪

猫ちゃんもトイレ中のプライバシーが守られますし、他の猫にトイレを邪魔されずらいので多頭飼いの方には特におすすめです!

虎徹
猫だってプライバシーが欲しいにゃ

 

上から入るタイプの猫トイレはほぼ猫砂が飛び散りません!
一つネックなのは、他のトイレに比べてサイズが少し大きく、丸洗いするのが大変って事ぐらいでしょうか。

ちなみに我が家では写真の左側の物、真ん中の物を長年使っていました(笑)

メリット

  1. 猫ちゃんのプライバシーが守られる
  2. ニオイがお部屋に漏れにくい
  3. 上から入るタイプはほぼ猫砂が飛び散らない
  4. インテリア性に富んだものが多い

デメリット

  1. トイレが汚れている事に気づきにくい
  2. サイズが大きいのでお留守番用のゲージに設置しにくい
  3. パーツが増えたため丸洗いしにくい

個人的ドームタイプのトイレの評価

見た目
飛び散り具合
ニオイ
価格
手入れ
備考可愛いものが多く、猫砂が飛び散らないし猫も気に入りやすいが、大きく洗いにくい

 

 

システムタイプの猫トイレについて(獣医師推奨)

花王 ニャンとも清潔トイレセット オープンタイプ花王 ニャンとも清潔トイレセット ドームタイプデオトイレ 快適ワイド 本体セット

獣医師もおすすめする最新タイプの猫トイレです。
今までに紹介したトイレと違うところは、猫砂と消臭シートの二重構造になっている部分です。

おしっこをしても猫砂は固まらず、下の消臭シートに吸収されます。
おしっこは消臭シート、うんちは猫砂 と強力なW消臭で嫌なにおいが全然しません!

うんちだけこまめに掃除してあげて、おしっこシートは一週間に一回取り換えるだけ♪

病院で尿検査が必要になった場合は、下に溜まったおしっこをシートごと持っていけるのでいざという時にも便利です♪

猫砂が固まらない

ここが獣医師もオススメするポイントでして、従来の紙砂など粉塵が舞うタイプのものは猫ちゃんにとって危険だそう。

砂をかき分ける→粉塵が舞う→猫が吸い込む→体内で固まる→病気になるといった感じです。
実際に体内で猫砂の成分が固まってしまい、手術することになった猫ちゃんの事例もあるそうです。

その点、システムタイプの猫砂は一切の粉塵が舞いませんので、健康面を考えても一番オススメしたいトイレです。

詳しくはこちらにて

メリット

  1. おしっこの掃除が少しズボラでも大丈夫
  2. 尿検査時にすぐに用意しやすい
  3. 嫌な臭いが発生しにくい
  4. 掃除の頻度が少なくて済む

デメリット

  1. 専用の猫砂と専用のペットシーツを用意する必要がある。
  2. パーツが少し多くなるので丸洗い時は面倒
  3. 少し値段がかかる

まだまだある機能的な猫トイレ(番外編)

全自動トイレについて

色々便利なガジェットが出てきていますが、猫界にも全自動でお掃除をしてくれるキャットロボット オープンエアーが登場しました!
まずは動画をご覧あれ


出典:www.youtube.com

どうですかこの機能性!?筆者はガジェットものが大好きなのでこの動画だけでも凄く興奮しちゃいます( *´艸`)
トイレ掃除が嫌いな人、忙しい人にももってこい!専用の猫砂も必要ありませんので一度買ってしまえばコスパは良いです。
ただし値段が高いのとサイズがかなり大きいです。

流れとしましては
①猫がウンチやおしっこをする
②ロボットがその行為を認識
③あらかじめ設定した時間(3分、7分、15分)が経つと回転が始まり異物を分けてくれるという仕組みになっています。

猫が入ったことによって回りだす仕組みになってまして、入っただけの場合でも回転しちゃいます。
あと体重での認識になっていますので、公式によると猫ちゃんの体重は最低2.3kg以上必要との事。

これがあればちょっとした出張で2、3日家を空けなきゃいけない時でも常にトイレは清潔に保てます

猫にも優しい、人間にも優しいトイレがこの「キャットロボット オープンエアー」なのです!←回し者ではありません(笑)

楽天のレビューでもほとんどの方が「相当悩みましたが満足です」「手放せませんというか必需品」「最高の猫トイレ」「素晴らしい!日本企業も自動化を!」など超高評価♪
余裕があればぜひ一台導入してみて欲しい商品です( *´艸`)

メリット

  1. 常にトイレが清潔なので臭わない
  2. 気に入ったらこれしか使わない猫ちゃんが多い
  3. 一匹の場合なら目安として6日に1回溜まったゴミを捨てるだけ
  4. 何よりも最新のガジェットでカッコいい

デメリット

  1. 本体価格がかなり高い。
  2. かなり場所をとるので1Kなどでは置けない

ポータブルトイレについて

こちらは機能的と言いますか、お出かけ時や災害時の備えとして、用意しておきたい携帯用猫トイレです。
小さくたたんで収納できるトイレになっており、災害バッグなどにも入れて頂けます。

私が住んでいる大阪でも最近地震がありました( ;∀;)
特に私の家は何もなかったので良いですが、もし非難が必要になってしまった場合などに活躍してくれます。

猫ちゃんは気に入った場所でしかトイレをしてくれないため、災害時などはおしっこやうんちを我慢してしまい、膀胱炎などになってしまう恐れがあるのです( ;∀;)
猫ちゃんの為にも是非、災害バッグなどに忍ばせておいてください!楽天

猫トイレオススメランキング

花王 ニャンとも清潔トイレセット
獣医師もオススメする№1トイレofトイレ
猫ちゃんと飼い主との生活空間に調和したデザインと思いやり設計の猫用システムトイレ(ドームタイプ)です。
脱臭・抗菌のチップとシートで、1週間取り替えなしでもニオいません(*‘∀‘)
囲まれた方が落ち着く愛猫に最適な屋根つきタイプ。
チップの飛び散りやニオイを防ぎます。デオトイレではなく、なぜにゃんともを選んだか…
答えは色の種類が沢山あるからです!
ドームタイプだと全12色もありますので必ずお部屋に合う色が見つかると思いますよ♪
上から猫トイレ システムタイプ
こんな猫トイレを待っていた!
上から出入り、中でトイレ♪
猫ちゃんの快適さとお掃除のしやすさにこだわった上から猫トイレにシステムタイプが登場!
シンプルな構造と大きさはそのままにシステム化しました!
恥ずかしがり屋の猫ちゃんも気兼ねなくおトイレができます♪
キャットロボット オープンエアー
ガジェットとトイレが融合した最新型!
新発想 全自動型猫トイレ!
デザインを極めてアメリカより登場!・操作パネルが正面横に位置して操作しやすさUP
・入口の縦幅が46㎝と大幅に広がり、出入りが快適に
・夜間にLEDランプが点灯する新機能が追加
まさに最強の猫トイレ

 

迷った方はにゃんとも清潔トイレセットを買えば間違いないです♪
健康面でも他にかなうものなし、ニオイにおいても抜群の消臭力。
全12色がありどんな部屋にでも合う色が見つかる!

NOE
現時点での№1トイレだと僕が保証させて頂きます

まとめ

今まで色んなタイプの猫トイレをご紹介しましたが、気になるものは見つかりましたでしょうか?

お悩みの方はにゃんとも清潔トイレセットを買えば間違いないですよ♪

メインクーンやノルウェージャンなど、大型の猫を飼っている方はデオトイレ 快適ワイドも候補に入りますね♪

うちはデオトイレ 快適ワイドにゃんとも清潔トイレの両方を使っています!

 

なぎ
やっぱり大きい方が使いやすいニャぁ…

虎徹
僕はドームタイプが良いニャ!

NOE
僕は絶対ウォシュレット付きが良いニャ!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

この記事を気に入っていただけたら、シェアしていただけると嬉しいです!

こちらも是非ご覧ください。

Twitterでフォローしよう